治験アルバイト(モニター)体験談

治験モニター@30万超え@

参加時期・・・26才の時
入院期間・・・7泊8日×2回
モニター内容・・・胃腸薬
バイト代・・・約30万超え
一言感想・・・さすがに1週間は長かった。

 

大学生の頃、数回だけ治験にはお世話になってた。
就職してからは参加していなかったが、なんと勤務していた会社が倒産。
突然の無職になっちゃう状態で、かなりシビアな期間でした。
失業保険とかもらうわけですが、貰えるまで時間も空きます。
そこで思い付いた治験アルバイト。まぁ暇だからやってみるかと連絡をしてみました。

 

都合良く長期間の治験があると言われ、軽く内容を聞いてみた。
胃腸薬の治験という事で、二つ返事で参加する事に。
今回は昔と違って単独で参加。
7泊8日という長期間なので、何をすべきかを考えつつ事前検査に行った。
結局諦めていた資格を取ろうと思い、その勉強を治験期間中にしようと考えた。

 

7泊8日の1回目。
集まったモニターを2つのグループに分け、錠剤と粉薬に分けていた。
朝食は抜きで、全員が一気に同じ時間に薬を飲む。
5分後、15分後、30分後、1時間後と連続で採血。
久し振りだったが、やはりこの連続の採血にはゲンナリした。
ただ幸運だったのは、担当になっていたオバチャン看護師が採血上手かった事。
下手な人だとマジで最悪なんですよね。
ハリ刺して中で血管探すし。それをやられるとアザが幾つもできる。

 

昼過ぎまで1時間に1回ペースで採血をする。
昼飯を挟んでからは数時間後に採血。
初日の午前中以外は慌ただしさも無く、採血の回数も激減していく。

 

7泊8日の治験だったからなのか、4人部屋でメンバーはみな静かな子達だった。
だからほぼ毎日ベッドの上で資格の勉強に精を出した。
そしてあっという間に1回目の治験が終了する。
これで半分の治験が終了したわけだが、まだ謝礼金は貰えない。

 

パート2へ続く

治験モニター@30万超え@関連ページ

治験モニター@痛み止め@
痛み止めの新薬治験モニターに参加した時の体験談。2泊3日の治験アルバイト。
治験モニター@痛み止めA
痛み止め薬の治験モニターに参加した時の体験談の紹介。2泊3日の入院でどのような治験だったのか。
治験モニター@痛み止めB
痛み止め薬の治験モニターに参加した時の体験談の紹介。同時に参加したもう1人の友人による体験談。
治験モニター@胃腸薬@
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる
治験モニター@胃腸薬A
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる。
治験モニター@30万超えA
7泊8日×2回で30万超えの治験モニターに参加した人の体験談。