治験アルバイト(モニター)体験談

治験モニター@痛み止めB

参加時期・・・21才の時
入院期間・・・2泊3日
モニター内容・・・痛み止めの薬
バイト代・・・約8万
一言感想・・・友人の横でゲーム三昧でした

@Aと一緒に治験に参加した友人による体験談。

 

これが初めての治験モニター参加でした。
先輩達は馴れた感じで年に2回ぐらい参加してたから、話には聞いてた。
でもいざ自分が参加するのは、やっぱり怖かった。

 

多分1人じゃ参加しなかったと思う。
友人と2人で参加できたからこそ、気が紛れたのかな。
でも参加してみて分かったのは、1人でも全然余裕って事。
個室じゃない限り、周りには同じ気持ちの人達が四六時中います。
自然と会話をするようになり、初めて?前はどうだった?何の薬やったの?と喋ります。
互いに暇だから情報を収集したくなるんですよね。

 

朝、尿検査をした後、薬を飲み、5分後から採血が始まる。
15分後にも、30分後にも、1時間後にも採血を取る。
だんだん注射が嫌になる感じもあったが、それを超えればなんて事も無い。
暇過ぎて眠くなるぐらい、何もする事が無い。

 

隣では友人が論文を作ってたから、邪魔しないようにマンガタイムでした。
トイレ以外はベッドにいてくれと言われてたから、昼前にはかなり暇になったけど。
昼飯の後は午後に数回の採血を取り、夕飯後にも1回取った。
そして次の日になり尿検査と採血を1回。
あとはもう帰り支度となり、昼に解散という流れ。

 

これで軽く5万以上のバイト代が出るから、先輩達がやるのも理解できた。
べらぼうに高報酬じゃない限り、副作用とかもほぼ無い治験みたいだし。
具合の悪くなった人は皆無で、全員が元気ハツラツで帰宅。
これを機に俺も治験に参加するようになっちゃいました。

治験モニター@痛み止めB関連ページ

治験モニター@痛み止め@
痛み止めの新薬治験モニターに参加した時の体験談。2泊3日の治験アルバイト。
治験モニター@痛み止めA
痛み止め薬の治験モニターに参加した時の体験談の紹介。2泊3日の入院でどのような治験だったのか。
治験モニター@胃腸薬@
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる
治験モニター@胃腸薬A
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる。
治験モニター@30万超え@
7泊8日×2回で30万超えの治験モニターに参加した人の体験談。
治験モニター@30万超えA
7泊8日×2回で30万超えの治験モニターに参加した人の体験談。