治験アルバイト(モニター)体験談

治験モニター@痛み止めA

治験モニター痛み止め@からの続き。

 

午前中から始まった治験モニター。
8時頃に薬を飲んでから、基本1時間に1回の血液検査。
ただ薬を飲んだ直後は、5分後、15分後、30分後と連続で採血した。

 

別に注射が嫌いとかでは無かったが、1時間に1回というのはさすがに堪えた。
何度も何度も注射されるので、ちょっとした恐怖も感じる。
しかも喋ったり論文とかやってたから、1時間があっという間。
単独で来ている人は寝ちゃったりしてて、軽く起こされたりもしてたっけ。
別に安静にしてたら問題無いって言われてたんだけどね。

 

昼頃にやっと連続的な血液検査も終わり、昼食後はまたフリータイム。
単独の人はこの時間が1番キツかったんじゃないかな。
マンガを全巻制覇しちゃったり、TVのある所でボーっとTV見てたりしてた。
俺はお喋りと論文に精を出してたので、気が付けば夕方になってた。

 

夕飯前にまた血液検査があり、もうその時には馴れっこになってた。
就寝時間前にも1回検査して、後は何も無し。
精神的に疲れたのか、2日目は23時頃には爆睡してた。
周りもそうだったので・・・人間てそんなもんみたい。

 

次の日の朝にまた血液検査後に朝食。
お昼になって昼食を取り、あるバイト代が支給された。
2泊3日ですが、夕方スタートの昼終わりです。
この短時間で10万弱のバイト代が出るんだから、みなさんニヤケ顔にもなる。

 

食事は特に豪華という事も無いが、普通の食事でマズくはない。
入院食とはちょっと違っていたが、脂っこくて味の濃い食事では無い。
それからもちろん禁煙でした。
病院を出た直後、多くの人達が煙草を吸い始めてて笑えた。

 

血液検査をするので、献血みたいな『空けなきゃいけない期間』があった。
確か3ヵ月とか半歳未満。
看護師も愛想の良い人達だったし、こんなオイシイバイトは無いと本気で思えた。

 

痛み止め薬の治験と言っていたが、実はジェネリックらしい。
もう既に数10年も使っていた薬と同じモノだから、体への負担は特に無いでしょ?って言われた。
確かに具合が悪くなった人は皆無で、全員元気モリモリ。
これをキッカケに年に1〜2回ほど参加するようになりました。

治験モニター@痛み止めA関連ページ

治験モニター@痛み止め@
痛み止めの新薬治験モニターに参加した時の体験談。2泊3日の治験アルバイト。
治験モニター@痛み止めB
痛み止め薬の治験モニターに参加した時の体験談の紹介。同時に参加したもう1人の友人による体験談。
治験モニター@胃腸薬@
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる
治験モニター@胃腸薬A
胃腸薬の治験モニターに参加した時の体験談。かなりオイシイ治験レベルだと思われる。
治験モニター@30万超え@
7泊8日×2回で30万超えの治験モニターに参加した人の体験談。
治験モニター@30万超えA
7泊8日×2回で30万超えの治験モニターに参加した人の体験談。